角田ゆうき
7つのゆうき

“変える”ゆうき

住民の皆様からの要望や陳情をそのまま受け取りません。住民の皆様と共に考えて、一緒に作った要望を住民代表として行政に届けます。また、行政側とはしっかりと協議し、その過程を住民に情報発信します。

“公表する”ゆうき

政治は暮らしそのものです。少しでも多くの人に高岡市の今を知ってもらいたいと考え、市の懸案事項の進捗を発信していく他、政務活動費に関する領収書を全てインターネットで公開します。また、「開かれた議会」「市民目線議会」を目指し、議会改革に望みます。

“応援する”ゆうき

子供の夢がどうすれば実現するのかを一緒に考える“夢窓口”を教育委員会内に設置します。また、市民が健康的に暮らせるよう、スポーツ環境・施設の拡充を目指す他、新規ビジネスでの起業を目指す若者起業家への助成金制度の設立を提案します。

“稼ぐ”ゆうき

新たな取組みを始めるためにはお金が必要です。市民の負担を増やさず、新規事業を行うための必要予算はふるさと納税の返礼品の改善案を提案し、市外からの納税額を増やします。

“学ぶ”ゆうき

進歩、発展に学ぶ事は絶対に必要です。アンテナを高く張り、常に学ぶ姿勢で、他市・他県の先進的な取組みを視察。高岡市に必要な事は積極的に学び、取り入れ、市民生活に反映させます。

“戦う”ゆうき

大きな問題、膠着している問題、平行線のままの問題など、様々な問題から逃げず、何が原因かを根本から見直し、問題点を洗い出し、1つ1つ丁寧に対策を考えます。間違っている事、納得いかない事には、最後の最後まで諦めず、議論を続けます。

“支える”ゆうき

10年後20年後の未来により豊かな高岡をつなぐため、責任ある政治を必ず実行し、少子化、高齢化社会が進もうとも暮らしに希望の持てる地域づくりを考えます。