高岡市/市議会議員選挙に向けて!辻立ち16日目

辻立ち16日目

雷鳴の中、起床。
とりあえず現地へ行き、
様子を伺ってましたが、
止みそうにもなく…
とりあえず、友人と2人で立ってみました。
のぼり旗は雷が怖いので出さず。

数分で全身ずぶ濡れ。
視界も悪く、街頭に立つことで
交通の妨げになってはいけないと判断し、
中止しました。

高岡市大雨洪水警報が出ております。
皆様、十分にご注意ください。

今日はテレビ局時代
自然災害報道について。

在職中、多くの震災が起きました。
記憶に新しい東日本大震災
県内の学生が被災したNZ地震
中越沖地震に、能登半島沖地震
富山湾の高波、土砂災害などなど、
多くの被災地へ取材に入りました。

いつ起こるか、規模も分からない災害に対し、
万全の備えを整える事は至難の技です。
しかし、すでに起きた災害に学ぶ事はできます。

避難計画に、防災拠点
水・食糧の確保、医療体制の確立、
様々な教訓が既に存在しています。

では阪神大震災や東日本大震災の教訓は
どこまで活かされているのか、
同規模の地震が富山湾沖で起きた際、
高岡市の備えは十分なのか、
整っていないのであれば
なぜできないのか、
報道記者時代に見てきた現場での教訓を胸に、
高岡市の防災体制について、
しっかりと検証していきたいと思います。

市民の暮らしの安全を守るのは
市議会議員の大切な仕事の1つです!!

角田ゆうきオフィシャルサイト
http://kakuda.online


【角田ゆうき Youtube政策動画配信中】

あわせて読みたい